フランスのケイタイ事情

フランスのケイタイ電話のオペレーターは3社。現在この3社が何とかしてユーザーに消費させようと必死!日本と契約してiモードを開始したり、着メロサービスで頑張ったり。最近のフランスにおけるケイタイ、けっこう小さくて軽くなり格好よくなりました。この写真の僕のケイタイは携帯/軽体じゃなくて重体!液晶もカラーではありません。もちろん写メールもできません。しかしすごいんですよ!!かれこれ4年になりますか?もうすぐ2000年になろうとしているクリスマスに期間限定発売されたものの一台。機種がすごいのではなく契約内容が半端じゃなかった。この期間に契約したらこのケイタイはほとんど無料、契約金ゼロ、月々/250フラン(当時はまだフランでした。)でウイークデイの朝8時から夜20時までに使える時間ユニットが2時間/月。ここからがすごいのです、、、、、更に毎日夜20時以降翌朝の8時まで、および土・日祝祭日の終日は使いたい放題、時間制限なし!(ただしフランス国内の各家庭 ・会社のFIXE電話または同オペレーターのケイタイへの通話。)契約保証期限は一生!!
とにかく使いました使いました。1ヶ月/60時間から80時間。おかげで僕の脳の半分は電磁波で溶解?!
ところでよくいますよね、バイキングスタイルの食べたい放題とか、ドリンクバーみたいなお代わり無制限とかになると変身する人。なんとなく自分がこの種族に属していたのかもと思ったらしばらく落ち込みました。
最近は必要なときに普通に使っています。人間足るを知るですね。
[PR]
by hiraidenaoya | 2004-03-11 09:17 | ■雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://naoparis.exblog.jp/tb/65109
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。