■日本に所有権がある唯一のパンダ『リンリン』病気・・・

☆ジャイアントパンダ:GW、リンリンに会えない 「70歳」(雄、22歳)体調崩し治療に専念
http://mainichi.jp/

『現在、外交としてパンダが送られることはなく、全て『中国籍』のレンタルで、それぞれの国籍を持っているパンダは5頭に満たない。また、そのレンタル料も法外であり、つがい一組で年間1億円ほど、生まれた子供も、たとえ片方が中国籍でなくても『中国籍』となり、課金対象になってしまう。そのため、資金難からパンダを返還した国もあり、パンダはもはや外交ではなくビジネスであるとも言われている。』
ジャイアントパンダ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



僕はパリの動物園:ヴァンセンヌ動物園zoo de Vincennes(Parc zoologique de Vincennes)でYen-Yenと1975年に会ってますが・・

Yen-Yenは1973年、18ヶ月でLi-Li (18ヶ月)と一緒にパリに到着。夫婦と思われていたのが・・・Li-Li も実は男の子と判明。Li-Li は数ヵ月後にフランスの水が合わず他界。
Yen-Yenは2000年1月20日に他界・・・(享年28歳)

Entre Paris et Pékin, la diplomatie passe par le panda
http://www.lepoint.fr/


パンダの写真
http://pandageant.ifrance.com/

http://pandageant.ifrance.com/

Parc zoologique de Vincennes
http://fr.wikipedia.org/


☆パンダを借りる日本とパンダに会えない中国の子供
http://news.searchina.ne.jp/

☆中国の危険な贈り物―パンダ


☆「パンダ賃貸」から脱却を リンリン、子づくり背水の陣
http://j.peopledaily.com.cn/


☆http://www.pandachina.jp/


☆Panda géant
http://www.linternaute.com/
[PR]
by hiraidenaoya | 2008-04-30 10:01 | 【動物】 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://naoparis.exblog.jp/tb/7059403
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。