第7話 何故フランスにいる?

第1話
第2話
第3話
第4話
第5話
第6話
からどうぞお読み下さい!!


何とか無事に食事を終え・・・冷や汗ものでしたが・・・レストランを出て散歩しながら帰ろうかという事になり二人で仲良く歩き始めました。

オペラ通りをずーっと下ってパレロワイヤル、右に曲がってサントノーレを進み、ヴァンドーム広場を右手に見るころに左手に曲がってリヴォリー通りに出て・・・何とか「道を知らないはね、この人!」と思われないように会話をしながらも頭の中は地図、地図、地図!地図だらけでした。

コンコルド広場に着いた時、あまりの夜景の綺麗さに見惚れてしまいました。正面には凱旋門、その左手のほうにはエッフェル塔、右手にマドレーヌ寺院、左手にはパレ・ブルボン・・・すべて闇の中に綺麗にライト・アップされて浮き上がっています。こんなの見たら気障な言葉も自然に出てきますよね!日本語だったらとても恥ずかしくて言えないような言葉やフレーズがすらすらと(本人の思い込みかもですが・・こればかりは彼女に聞いてみないとねぇ~)驚くように出てきました。雰囲気最高!とんでもない距離を歩いているのにもかかわらず全然疲れも感じず・・ああ恋は何て素晴らしいんでしょうか!!(ひょっとして彼女は疲れ果てていたのかもしれませんが・・・)

しばらく夜景に見惚れた後、賑やかなシャンゼリゼを凱旋門までいっきに登りつめました。

これからが勝負です・・・凱旋門についたらほとんどウチ。

ここで、「君は何処に住んでいるの?」(食事の時はこの話題には全然ふれませんでした。)と言って「あら!もうこんな時間!!帰らなくちゃ!」と言われても困るし・・・かといって、僕は間借りの身。マダムたちがまだ起きてたらまずいし・・・。
悩んで一瞬立ち止まった時に、何かを感じとったかのように彼女が「あそこのテラスでお酒でも飲まない?」と提案してくれました。

・・・彼女が「もう帰るわ!」と言わなかった事にほっとし、内心「脈あり脈あり!」と舞い上がってました。

昼間のサービスのギャルソンは既にいなくてほっとしながらコニャクのグラスを手の中でまわしました。JAZZバーで生演奏を聴きながらゆっくり飲むコニャックも最高ですが・・・オープンキャフェでこの先がどんな展開になるのか期待しながらコニャックの香りを楽しむのもなかなか悪くありませんでした。前にも書きましたが、この時代(1970年代)、女性を夕食に誘ってOKだったらその後もほとんど問題なしという暗黙の中の了解みたいな事を聞いていましたのでもうすっかり頭の中は真っ白で彼女が話している半分くらいしか聞いてませんでした。

夜もすっかり更け、もうこの時間なら誰も起きていないだろうと確信し、彼女には間借りの身である事を説明し、やっと二人でウチにたどり着きました。

・・・・続く
[PR]
by hiraidenaoya | 2004-08-31 19:03 | ■連載 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : https://naoparis.exblog.jp/tb/954929
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by aradas at 2004-09-01 13:21
久しぶりですねー、連載!楽しみにお待ちしてました。
なんかいい雰囲気じゃないですか!!続きも楽しみです。
Commented by at 2004-09-01 15:44 x
なんか読んでる私まで頭真っ白です(笑)
続きが楽しみだ~♪♪
Commented by hiraidenaoya at 2004-09-02 06:53
ウチの彼女に、このシリーズもう飽きた!と言われて・・・そろそろ終わりにしようと思ってます。NAO
Commented by snow_ny at 2004-09-04 10:28
久しぶりのこの連載!待ってましたッ!
いったい何が起こるんでしょう~?続きも待ってまーす!
Commented by hiraidenaoya at 2004-09-06 07:22
いやぁ~ここで打ち切りにするモードになりつつです・・・snow_ny さん!NAO