2004年 06月 25日 ( 2 )

オリンピックの炎がパリに飛行機で到着しました・・・・

オランピア(ギリシャ)で3月25日に点火その後いろいろな国(ブラジルで元サッカー選手のペレが聖火を感激のあまり泣きながらかざして歩いているのTVで映し出していましたが・・・)を回ってパリに正午前の到着。

137人のリレー者によってパリ中(50キロメートル)を駆け巡り・・・最後にエッフェル塔 la tour Eiffelに到着します。
リレー最初のスポーツマンはダビッド・ドゥイエ(フランス柔道家オリンピック・ダブル・ゴールド・メダリスト)・・・

1992年の冬期オリンピックles Jeux d'hiver d'Albertvilleに1度この聖火はパリに来ていますが・・・今回のようにリレー形式でパリを巡回するのは初めてだそうです。


下記URLにてダイレクトにその状況を知ることが出来ます!!
オリンピック聖火の走行行程Passage de la flamme olympique à Paris
25 juin 2004

[PR]
a0008105_22457.jpg
フランスではいきなり最初から路上です。
教官からほんの少しの説明はありますが・・・いきなり道路です。
道路交通法を学ぶのと同時進行ですが・・・いきなり道です!

教官側にもペダルは付いているとはいえ・・・これはっきりいって怖いです。
サーキットで走るわけではないのですから。

最低20時間から30時間くらい路上実地講習を受け、法規のテストを受け・・・実地テストも路上で、国が決めた監査官が一緒に車に乗ってテストです。

交通量の少ない田舎町で免許をとるのならともかく、パリの道・・・すごいですよ。その自動車教習所がある地区にもよりますが・・シャンゼリゼを上がりきった所にあるエトワール広場から放射線状に何本かの大きな道が出てますが・・こんなところをいきなり走れって言われたらどうしましょうか?(多分ないとは思いますが・・・そんな自殺的行為は)
知り合いで免許とったばかりの怖がりな人が偶然にもとんでもなく・・この広場に入り込んでしまい・・3本目の通りを曲がりたいのにもかかわらず・・・1時間もくるくる回ったそうです。他の車にあてる覚悟がないとちょっと無理です、このロータリー。

※写真はボルドーの街を颯爽?と走る運転勉強中の車です・・・
[PR]