人気ブログランキング |

2004年 07月 28日 ( 1 )

最近、人から電話番号を聞いたときにふと思いました・・・・

この件が初めてではありませんが、フランス語の数字の言い方って・・・マジ、ひねくれてますよ。
何を今更なんですが・・・この29年、家賃を払う時には小切手を使っているので必ず毎月数字を書いていても、会話で数字が出てきても、町で数字を見てもあまり気にはしていなかったのですが・・・

1~10まではともかく
11~100まで全ての数を覚えなければいけないわけですよね・・・

日本語だったら、10以降・・・10+1、10+2・・・・
         20以降・・・まずは2+10それから20+1、20+2・・・

フランス語は  10のあともちゃんと覚えなければいけないわけで・・・

10 ディス      dix
11 オンズ      onze
12 ドゥーズ      douze
13 トレーズ      treize
14 キャトールズ   quatorze
15 キャンズ quinze
16 セーズ seize

ここからは・・・
17 ディセットゥ(10+7) dix-sept

20 ヴァン      vingt
21 ヴァンテアン vingt et un
22 ヴァントゥドゥ vingt-deux

問題はこれから・・・

日本語で70は7+10で”ななじゅう”、80は8+10で”はちじゅう”ですよね、フランス語では・・・

70はスワサントゥディス   soixante-dix    60・10(60+10=70)
80はキャトルヴァン     quatre-vingts   4・20(4×20=80)と言うわけですよ!
90はキャトルヴァンディス  quatre-vingt-dix   4・20・10(4×20+10)!!!!

人から電話番号を聞きながらダイヤルする時・・・
例えば、71の場合(soixante et onze)は・・・・最後まで聞かないとダメなわけですよ。
6が聞こえてもそのあとは60以降か、70以降か分かりませんから・・・・

80も90も・・・

最近の電話番号照会サービスでは(人工音で・・・)全数字を1桁づつ発音しております。

*この電話はずーと捜していてやっと”ノミの市”でいいコンディションのをみつけたので購入。配線を直してちゃんと使ってます。
■フランス語の数字・・・・_a0008105_22415461.jpg