人気ブログランキング |

2007年 01月 17日 ( 6 )

こんなに楽しい本があったら・・・学生時代の社会科の授業がもっと楽しかっただろうなぁ〜かなり苦手でしたから・・・(笑)

世界で一番おもしろい地図帳
世界で一番おもしろい地図帳
おもしろ地理学会


商品の説明
出版社/著者からの内容紹介
なぜ日付変更線は太平洋の上にあるのか? 八つ島があるのにどうして伊豆七島? …ほか地図帳の一番楽しい読み方教えます!

内容(「BOOK」データベースより)
謎の宝庫「地図」の読み方、教えます!なぜ、日付変更線は太平洋の真ん中にあるのか?緯度も経度も0度の場所っていったいどこ?ヨーロッパの国旗に三色旗が多いのはどうして?「中東」ってどこからどこまでのこと?「ワシントンD.C.」の「D.C.」ってなんのこと?本物の地理通になるための最強レッスン!学校では教えてくれない気になる「なぜ?」に迫る。

世界で一番ふしぎな地図帳
世界で一番ふしぎな地図帳

出版社/著者からの内容紹介
ベストセラー「世界で一番おもしろい地図帳」「世界で一番気になる地図帳」につづくシリーズ最新作がついに登場! 地図帳の謎と不思議をめぐる旅はいよいよ佳境へ。教科書では決して教わらない地図の読み方、楽しみ方をあますところなくご案内いたします!あなたの「地理力」を試すチェックテスト付き。

内容(「BOOK」データベースより)

世界のカラクリがわかる最強の地理雑学事典。一番知りたかった地図の「疑問」がまるごと解ける。


世界で一番おもしろい<交通>地図帳
世界で一番おもしろい<交通>地図帳

商品の説明
内容(「BOOK」データベースより)
世界で一番高い場所を走る鉄道。アテネの地下鉄がほとんど“地上”を走っているのは?など、旅が、歴史がもっと好きになる大人の地理教室。

内容(「MARC」データベースより)
世界で一番高い場所を走る鉄道は? なぜ中国に上野駅とそっくりの駅があるの? 今でも貨物船でアメリカに渡れる? 世界中に張りめぐらされた交通網に関する面白ネタが満載。旅が、歴史がもっと好きになる大人の地理教室!


世界で一番気になる地図帳
世界で一番気になる地図帳

出版社/著者からの内容紹介
35万部突破のベストセラー「世界で一番おもしろい地図帳」の第2弾がついに登場!国境線、国名、海、川、山脈、駅名などなど・・・地図帳の楽しさ、不思議さを追った前作から1年、さらなる「謎」に迫りました。今回は地図帳の読み解きを通して、世界の今がわかるような項目も多く取り上げています。より一層パワーアップした本書で、地図帳の裏のウラまで味わいつくせること間違いなし!
国連旗の世界地図は、なぜ北極が中心なのか? 板門店には本当に「お店」があるのか? バチカンの国旗に描かれた「鍵」はなんの鍵? 奈良の「明日香」と「飛鳥」は、どんな関係?・・・などなど「世界地図」と「日本地図」にまつわる「謎」をギッシリとつめこんだ最強の「地理」教室。学校では決して教えてくれないあらゆる「疑問」にズバリ答えます!

内容(「BOOK」データベースより)
「地図」はウラから読むのが面白い!世界と日本がよくわかる最強の地理教室。学校では習わない気になる「謎」にズバリ回答



パリ市庁舎前のメリーゴーラウンド(Merry-go-round、Carrousel、Manège ・・・)。
常設ではありません。クリスマス時期から年始(1月終わりくらいまで)無料で子供達を楽しませてくれてます。


a0008105_1840416.jpg


a0008105_18405869.jpg


a0008105_18411497.jpg


a0008105_18413138.jpg


【参考サイト】
メリーゴーラウンド出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『カルーセルエルドラド 豊島園(東京都)にあるメリーゴーラウンドが現存する世界最古のモノなんだそうです』

【パリ市庁舎関連記事】
1月17日(水)
最低:8℃ 最高:12℃

日の出:8時38分 
日没:17時22分

1月18日(木)
最低:8℃ 最高:17℃

1月19日(金)
最低:11℃ 最高:16℃

1月20日(土)
最低:11℃ 最高:14℃

今週のパリはあまり天気がよくなさそうですが・・・寒くない!これ異常です・・・

a0008105_7242076.jpg

a0008105_6234235.jpg


a0008105_624773.jpg


a0008105_6253947.jpg


a0008105_6255522.jpg


スケートリンク
a0008105_556719.jpg


動画はこちらへ


【関連記事】
ノートルダム
『第136回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考委員会が16日、東京・築地の「新喜楽」で開かれ、芥川賞が青山七恵さん(23)の「ひとり日和(びより)」
青山さんの芥川賞受賞は史上7番目の若さ。直木賞の該当作がないのは4年ぶり。贈呈式は2月23日午後6時から、東京・丸の内の東京会館で開かれ、正賞の時計と副賞100万円が贈られる・・・ 芥川賞は、青山さんと同様に若くして同賞を受賞した選考委員の石原慎太郎さんと村上龍さんがそろって記者会見』Excite エキサイト : 社会ニュースより

芥川龍之介賞-出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



直木三十五賞-出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』