人気ブログランキング |

2013年 09月 28日 ( 5 )


2012年12月25日~2013年8月20日










▼PHOTO画像を【Picasa】で見る


▼PHOTO画像を【imgbox】で見る



▼PHOTO画像を【写真管理・写真共有サイトの写真ラテLatte】で見る




【パリ市庁舎】関連記事


【パリ市庁舎界隈】関連記事


image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host image host

>>More【今日のキニナル】





▼「Control-Alt-Delete」機能は「誤りだった」:B・ゲイツ氏インタビュー







▼Control-Alt-Delete


http://ja.wikipedia.org/wiki/Control-Alt-Delete




▼Ctrl-Alt-Delete


http://fr.wikipedia.org/wiki/Ctrl-Alt-Delete




クロネコヤマトの宅急便の配送車(「Wikipedia」より/Tennen-Gas)ヤマト運輸(ヤマト)を傘下に持つヤマトホールディングス(HD)が羽田空港の隣接地に建設していた「羽田クロノゲート...


『羽田CGは同社が1400億円を投資して建設した、国内最大級の総合物流施設。最新の物流設備を導入、24時間・365日体制で、貨物の発送・入庫作業の同時処理と仕分けの自動化を実現しているのが特徴。』


『ジャストインタイム配送実現は、同社が今年7月3日に発表した「バリュー・ネットワーキング構想」に基づいている。この構想によると、羽田CGに1400億円、厚木・関西・中部の3ゲートウェイに各200億円の総額約2000億円を投資、「止めない物流」の実現によりサービスを強化するとしている。同社は、「1929年の路線便事業と76年の『宅急便』事業に続く3回目の事業イノベーション」だと胸を張る。』


『通販大手のアマゾンジャパンが宅配業務の委託先を佐川急便からヤマトへ変更した。荷主の業務委託先変更は、別に珍しいことではない。だが、それがネット通販大手のアマゾンという超大口荷主だったことから、「何があったのだ?」と業界内で話題になった。』

『ヤマトのサービス品質を支えているのが、全国約4000カ所の配送拠点数だ。これは佐川の10倍強、日本郵便の約4倍に上る。この配送拠点数の圧倒的な差が、2時間刻みの時間帯指定配達、不在時再配達の迅速対応を可能にし、荷物受取側の満足度の高さに繋がっている。』

『通販利用者は、不在時でも迅速に注文品を受け取れる仕組みがあることで満足感を高める。配送に対する満足感の高低で、通販会社への評価が分かれる。それは通販品の売れ行きも左右する。これが、荷物受け取り側の利便性を追求してきたヤマトが通販会社から選ばれるゆえんでもある』

『通販会社の売上高に占める物流経費は11~13%。メーカーの6~7%に比べ、倍近く高い。だからこそ、物流経費の削減は通販会社共通の経営課題になっている。

 このため、楽天もフランスの物流会社を買収し、在庫管理や配送業務を自前化する準備を進めるなど、通販業界の「自社物流化」の動きがこのところ顕著になっている。』





▼ヤマト運輸






▼宅急便

東京電力は28日、福島第1原発で試運転を再開したばかりの新たな汚染水処理設備「多核種除去設備(ALPS)」で不具合が発生し、汚染水の処理を停止したと発表した。27日午後10時40分ごろ、設備の一...






【原発】汚染水浄化装置、22時間で試運転中断 福島第一原発(JAPON) (09/28)

【原発】関連記事



【脱原発】関連記事
安倍政権が後手に回っていた福島第一原発(フクイチ)の汚染水対策にようやく本腰を入れはじめた。安倍晋三首相は9月19日、フクイチを視察。停止中の5、6号機について、東京電力に「事故対処に集中するた...


【原発】原発の汚染水処理を停止、東電 27日再開の新型設備(JAPON)


【原発】汚染水浄化装置、22時間で試運転中断 福島第一原発(JAPON) (09/28)


【原発】関連記事



【脱原発】関連記事