カテゴリ:■仏版おばあちゃんの知恵袋( 15 )

蜂に刺されたら・・・

とにかく、毒針を抜き取り、火のついたタバコの先端を、刺されたところに数秒近づけます。これは、熱で毒を消滅させるためらしいのですが。そして、刺されたところに、酢を塗ります。

ただ、あくまでもこの方法は身近になにもないときの応急処置。(タバコを吸う人が周りにいなかったらこれまた困りますが・・・)大事に至る前に、薬屋さんか医者にみせたほうがいいかと思います。



写真は年中無休、24時間営業のボルドーの薬局・・・・
[PR]
【赤ワインのシミ】

テーブル・クロスなどにこぼしたらとにかく早く対処する事が大切ですが・・・

一般的には、塩をこぼした赤ワインの上からふりかけ、塩に赤ワインを吸い取らさせます。

その他、白いコットン地のテーブル・クロスを汚した場合は、沸騰させた牛乳を染み込ませて拭き取る。

色・柄物のテーブル・クロスの場合は、アンモニア水にしばらくつける。または、前期の牛乳を染み込まさせた後、水でよく流し落とす。んだそうです・・・
[PR]
まじめな医療番組を観ていて・・・

この日の特集は、『火傷』。

火傷をしたら"歯磨き粉"をその部分に塗る・・・

が、フランスではかなり信じられていることを知りました!

皮膚科火傷専門医のコメント・・・
[PR]
さてトイレを使った後の気になるにおい・・・

脱臭剤もスプレーも見当たらない・・・そんなときに持ってると便利なのはマッチ!
トイレの後、マッチを擦って火がついたら即、消します。

フランス流脱臭方法でした^^
[PR]
せっかく綺麗に育った植木・ハーブが・・・・ある朝気がついたら、穴だらけ!

犯人はナメクジかカタツムリ!

ナメクジ・カタツムリ退治には・・・・
コップに入れたビール(気が抜けていても平気)を根元においておきます・・・・

彼らはビールが大好きで、ビールの中に飛ぶ込みます。結構残酷なので、植木よりカタツムリの方が大切な方にはお勧めしません。

缶ビールに少しビールを残して、根元においても効果はあります。この場合は、カタツムリ達は感の底をめがけダイビングします。

ウチの彼女のおばあちゃん(現在96歳で健在)に教わり、試しに飲み残した缶ビールを置いたところ・・・あくる日、缶を振ったら、コロン、コロンと音が!

(残酷。。。。)


[PR]