人気ブログランキング |

カテゴリ:■フランスを垣間見る( 1425 )

6月12日スタートのEURO2004(ポルトガルで開催中のサッカーの欧州選手権)


いつもスポーツ中継は興味なく全然観ませんが・・・

ワールド・カップ、欧州カップ・・この類のサッカーの試合は観ます。

開催2日目の13日英国×フランス!!
日頃は同僚のベッカムBeckhamとジダンZidane の一騎打ち!!(Zizou contre le Spice Boyフランスではジズー対スパイスボーイ何て言われてますが・・スタンドには観戦客に混じって奥さんとジュニアの顔が・・・・TVに大きく映し出されました・・・)

前半戦、フランス側の連携プレーも全然なっていない、いまいち盛り上がらない面白くない試合と思っていた頃。38分目・・・

イングランドはフランス陣内の右サイドで得たFK(フリー・キック)でベッカムがゴール前のランパードに!強烈なヘディングシュートをランパードが決めてしまいます・・・

その後、後半戦・・・27分目でまたしてもイングランドにチャンスが!PK権(ペナルティー・キック)を得てベッカム対バルテーズの一騎打ち!!(※2001年の春にサンジェルマンデプレで散歩をしているバルテーズを見つけ握手をしてもらい1・2分会話をしたことがありますが、ものすごくシャイな人でした・・・)

ひぇ~!!!ベッカムさまのPKをバルテーズが押しやりました!!!すご~~い!!!

このことで一挙に試合の流れが変わり・・・フランスは何時ものフランスらしさを取り戻します。

ロスタイムでFKを得たフランス・・・ゴールから23メートル。ジズーです。

・・・はっきり言って。すごー!!決めました!!! これで同点!!(この時点で試合開始から既に91分)

いやぁ~これで引き分けかぁ~なんて思っていたら・・・

最後の最後・・Henry(アンリー)がJames(イングランドのGK)に倒されフランスはPKを得ます。

またしてもジズーが・・・・
ゴォ~~~~ル!!。 入っちゃいました!!!このとき既に試合開始後93分!喜んでホッとした瞬間に終了のホイスル・・・・フランス2対1の劇的な逆転勝ちでした。


この試合・・・人生の教訓です。

最後まで諦めずに勝利を信ずる。
在仏日本大使館がまとめた2003年の邦人犯罪被害統計が発表されました。

これから観光シーズン、フランスにいらっしゃる方も多いと思います。せっかくの楽しい旅行が台無しにならないためにも、いらっしゃる前に是非参考にしてください。

ここICIをクリック!
先日から全フランスでバカロレアの試験が始まりました。

下記が今年のバカロレア(大学入学資格取得試験)の哲学の問題です・・・
(希望学部によって質問は異なりますが)

TOUTE VERITE EST-ELLE DEMONTRABLE ?

真実は論証(証明)出来うるか?

QU’EST-CE QUE COMPRENDRE AUTRUI ?

他人を理解するとはどういう事であるか?


・・・この2問にそれぞれ論文を書くというものです。

しかも自分だけの思想・思考だけではなく歴代の哲学者の言葉を引用しながら自分の解釈を含めそれを展開、何故そういう見解にいたのかを説明しなければいけません。
回答に与えられる時間は4時間。当然この質問は試験当日までトップ・シークレットです。採点は20点満点で15を超えたらかなり優秀者とみなされ18以上はメディアに取り上げられるぐらいらしいです。この哲学に関しては20点満点は今までに存在しないとの事です。
蛇足ですが18点なんぞを取ると銀行口座開設の際特別に銀行がプレゼントとして口座にいくらかのお金を入金してくれるそうです。※フランスにおいてグランゼコールなどのエリート学生は勉強することで給料が出ます。そして将来はとても明るい高給取りに育ちます。(この派閥たるや日本のそれとは比べものにもなりません)

バカロレアの試験を受ける平均的年齢は18歳ですが中にはそれ以下それを大幅に上回った年齢の受験者もいます。

他の試験を含め、一回で受からなかった人のための追試が終わるのが6月の終わりから7月の始め。
その後、皆バカンスに出かける(またはアルバイト)というわけです・・・
今から60年前の1944年6月6日・・・・

カーンとシェルブールの中間地点ARROMANCHESに連合軍が上陸、ドイツ軍からフランスを開放することになる。

・・・連合軍ノルマンディー上陸作戦60周年記念式典

パリでは世界で一番テロリストから狙われている大統領:ブッシュ米大統領の訪問で

5.000人の警察官1.500人の軍隊 で警備強化・・・・
セーヌ川も特別警備隊による超警備体制・・・
(・・・・あぁ今日はパリにいなくて良かった!)

今回はじめての記念式典出席を前にシュレーダー独首相は新聞記者のインタビューで、第2次大戦中にドイツ軍がフランスで600余人を無差別に虐殺した事件について・・・・
「心から恥じています。」と述べて、改めて謝罪の念を表明した。


自由の標石・・・
a0008105_11120.jpg
ここ数年でしっかり浸透・・・

この写真はSNCF国鉄のブティック。フランス国鉄の直営店でパリもボルドーもだんだん増えてます。ボルドーではコマーシャルセンターのなかにもあり買い物のついでに電車の切符を買えるので便利です。

入り口で整理券をとり、正面に見える電子掲示板で自分の数字が示されたらカウンターへ行きます。
このシステムはスーパーの魚売り場、肉売り場、チーズ売り場でも見かけます。このシステムを知らないで整理券を持ってないとどんどん持ってる人に順番が回り追い越され取り残され・・・パリでは特に外国人慣れというか皆毛色が違っていて当然と思っているので誰も外国人が困ってるとは思いません。しかも皆がフランス語を分かっているものと思っていますので・・・けしてフランス人が冷たいわけではありませんよ!それだけフランス(特にパリは)に住んでる外国人が多いということだと思います。
尋ねると結構親切に教えてくれます。但し英語はダメ!ほとんどの人が喋れないので
・・・初めからそっけない態度をされます。若い世代はかなり違ってきてますので尋ねるなら若い子がいいでしょうね。
郵便局も整理券はありませんが一列に並び順番に空いたカウンターに行きます。
慣れた今ではあたりまえのようになってますが・・・しばらく前までは早い者勝ち!けっこう並んでいる列があってないようなもので、醜い争いが必ずどこかで起こってました。
国鉄の駅も当日券の窓口4~5つにひとつの列の割合で柵が作られてます。

国鉄や郵便局での口論・口争いが懐かしい今日この頃です・・・
3時間30分の小旅行・・・

フォンテンヌブロー発のイル・ド・フランス
シャンパーニュ地方
シャブリ発ブルゴーニュ地方
シュノンソーまたはアンボワーズ城発のロワール地方
ピュイ・ド・ドーム発オベルニュ地方
ラ・ロック・ガジェアック発アキテーヌ地方

を気球(Montgolfiéresで散策!)は205ユーロー


ヘリコプターでパリの上空を・・・

(日曜日のみ)

パリ周辺25分の旅が107ユーロー
パリ周辺とベルサイユの旅35分が134ユーロー


ポルシェ911カレラ2を使っての本物のサーキットでの運転(2時間)

2時間コースで助手席に座って2周、911のハンドルを握って8周、911Carrera2のハンドルを握って4周、教官の指導を受けながら2周・・・178ユーロー
a0008105_16555.jpg
最近やたら目に付くのがこれ・・・

ウチのまわりだけで3件もある。主流はDVD。まぁこれでは映画界は不況だろうなぁと納得。食品・タバコの自販機は全然無いのに・・・
最近のPCはほとんどDVDレコーダーがついているのでほとんどの人はPCで観ているみたいで、、、ホームシアターを使っている人はそれほどでもないみたいだがそれでもこのDVDの普及には目を見張るものがある。そのほかとしてはデジカメ?それとBLOG!(これもいすごい!一度ココをクリックしてみて!)

こちらはフランス最大級のPC機器販売店SURCOUFのサイト。
a0008105_182624.jpg
最近、フランスで洞窟住居がトレンディー(これは死語?)らしい・・・

1年中室温は平均17℃、、、夏は涼しくて、冬は暖かい。壁はそのまま利用するのでデコレーションにお金もかからない。住宅税を払わなくてもいい。外から(半分地上に出てるタイプ、完全に崖に埋まってるタイプ・・・いろいろあるけど)富が見えずに済む。

・・・・一部のフランス人を除き、一般的にフランス人はあまり富を表には出さない傾向にある。ウチの以前の大家さんはボルドーに4階建ての建物を数件,海に直ぐのアルカッションに一軒屋を持っているが車はボロボロ、洋服はいつも同じ、ボルドー市内をボロボロの自転車で移動している。・・・・

そんなわけで・・・人気急上昇らしい。洞窟ホテルがあるので一度試そうと思います。

洞窟住居
a0008105_224521.jpg


正解はここをクリックしてください!
a0008105_74924.jpg
朝からデモの音で起こされました・・・・

今日は誰でも道端でスズラン(花)を売ってもいいんです。

皆,森から摘んできたり、庭のを摘んできたり・・・売上は全部もらえます!!(税金を払わなくてもいいんです!)

たこ焼きを売ったら税金を払います!