人気ブログランキング |

<   2004年 07月 ( 41 )   > この月の画像一覧

土曜日の午後の事です・・

ウチの彼女のオヤジさんの車(路上駐車していた)のエンジンがかからない・・・

パリに帰る準備を整え、荷物も全部トランクに収め、Fanetteも後部席に寝そべって、さぁ出発!・・・と思ったがエンジンがかからない。

いろいろ試しましたが・・やはりエンジンはかかりません。

かなりの人たちがバカンスに出かける7月の半ばの土曜日の19時・・・パリならともかく・・・地方都市のボルドー。未だに昼休みを取るお店があるくらいだから土曜日のこんな時間に営業してる修理屋なんているわけありません。

悩んだ結果、多分バッテリーが切れているのだろうと考え、急いでウチの車のバッテリーとつなぐためのケーブルを買いに・・・

やっと見つかったケーブルで試しましたが全然だめ。

オヤジさんもウチの彼女も完全に諦めの境地に・・・
パリでいろいろやらなければいけない事があるお母さんはイライラ・・・
僕ひとり・・・「いやぁ~これは帰っちゃいけないっていう運命なんだから今晩と明日もエンジョイしましょ!」と場をつくろいましたが・・・何となくシーンとして効果はゼロ。

重た~い雰囲気の中でむかえた日曜日の朝・・・

ふと、誰かが「車の製造会社のアシスタンス・サービスってなかった?」
はっと気がついたオヤジさん・・・車までいろんな書類を取りに行って、ある電話番号を見つけました。

早速電話を・・・オヤジさんいろいろ説明しています・・・しばらく会話が続き、
「ウチの専属修理工は月曜日の朝9時だったらそちらに行けますが、お急ぎでしたら他社の人間を今から45分後に派遣します。」
・・・・オヤジさんはまぁ今更焦る事も無いだろうからと・・・
「月曜日の朝にお願いします。」と答えています。

「今晩お泊りになるところは?手配いたしましょうか?」

「娘の家に泊まりますので大丈夫です。」
・・・こんな感じで、ものの10分で解決。
*実際はこの時点では果たして月曜日の朝9時に修理工が来るのか半信半疑でしたが・・・

月曜日の朝9時15分に電話が鳴り・・・
「今、お客様の車の横にいますが・・・」
オヤジさんはウチを急いで出て・・・15分後にはもうウチに戻ってきました。

修理完了!出張費・修理費無料!昨夜、希望すればホテル代も無料!

全員驚くばかりでした。

オヤジさんの車はウチの車よりは高級なドイツ車ですが、ごくごく一般的な乗用車。事故・盗難の保険には入っていますが、車購入後この製造会社には何も払っていません。

あわててウチの車のアシスタント・サービスを捜してみました。

製造会社のサービスは記入されてませんでしたが、保険会社の契約書にはちゃんとアシスタント・サービスの電話番号が記載されてました。僕らはまだ1度もこういう経験をしてないのでなんともいえませんがまずは一安心。

しかし僕らの間ではこのドイツの会社の株がぐ~んと上がり、次の車はこのメーカーのにしない?なんて考えてます。
*Fanetteがパリに出発する前日の夜中・・・・
*2005年3月31日他界(享年15歳)

ものすごいネコ同士の喧嘩が・・・・あまりの凄さで目覚めたのですが・・・。何も考えないで・・・また眠りにつきました。

ウチの彼女の両親とFanetteはパリに出発、ほっとしてさてVodkaと遊ぼうと、テラスから名前を呼んでも全然反応がありません。


隣のパン屋のマドンナ(雌ネコ)のあとを追っかけているのかなぁと思い気にもしませんでした。

午後一番にVodkaの飼主がこれから小旅行に出かけるからVodkaにご飯を上げてくださいねと頼まれたのを思い出し・・・Vodkaは飼主のところにはいないとはっとします。

夜になってもVodkaは現われず・・・・21時頃雷が鳴ったかな思った瞬間、もすごい勢いで雨が降り始めました。
Vodkaはどこなんだろう?おかしいなぁ~と思っているとき、外で誰かが大声で叫んでいるのが聞こえて来ました。

「カジーミルそのネコを放しなさい!」

?????慌ててバルコニーから外に出ましたがかなりの雨であまりよく見えず聞こえずで・・・やっとの事で叫んでいる人に話す事が・・・

「どうしたんですか?」
「いや~留守の間にネコ同士が喧嘩したみたいで・・・家に入ったら知らない首輪が部屋に落ちてて・・・」

*僕らは一瞬真っ青!

勇気を奮って・・・

「喧嘩した相手のネコはどこ?」と尋ねましたが、雨の音が激しいのとかなりの距離があるのとで全然会話になりません。
詳しい事情が知りたくて彼のアパートの番地を聞いて僕たちは即ウチを飛び出しました。
彼の教えてくれた番地についても名前が4つもドアに!!全部の呼び鈴を押してやっと一人の男性が降りてきました。彼はカジミールという以前Vodkaが縄張り争いをしたことのあるどでかい”たぬきネコ”の飼主で、昨夜から留守、今帰ってきてソファーに座ろうとしたらグレーのネコが飛び出して窓から出て行ったとのこと。(そういえば、この家は冬でもネコのために窓があいていたっけ・・・)

*今飛び出したという事は・・・遠くへは行ってないし、死ぬほどの怪我はしてないという事でホッとしましたが・・・・

ウチに戻ってみたものの、Vodkaはどこにもいないし、雨はますます激しくなるばかりで・・・
二人して窓から大きな声でVodkaを呼んでみましたが反応なし。僕らの声で何事かと庭に出てきた人には簡単に説明して、もしネコが庭に落ちたら知らせてくださいとお願いしました。

23時を過ぎた頃でしょうか・・・・雨が止んで静かになった時、バルコニーでニヤァ、ニヤァとかすかにネコの声が聞こえて来ました。
窓を開けたら、ずぶ濡れの首輪のないVodkaがガタガタ震えて座ってました。

この日は万が一のために置いてあるVodkaようのご飯を上げて、ウチに泊まらせました。


■青春を謳歌するVodka・・・・_a0008105_2192514.jpg



翌日、Vodkaがいつものように玄関から帰ろうとするのでドアを開けた瞬間、Vodkaの2倍の大きさのネコが階段に座っているではないですか!一瞬のうちにVodkaは飛びかかり2匹とも凄い声を出しながら屋根裏の倉庫のほうに消え去りました。

*後で分かったのですが、このでっかいネコはウチの下の隣人のネコだったんです。

心配ですが、屋根裏の倉庫は大きくてどこにいるのか全然捜しても分からず・・・・2時間くらい経った頃Vodkaが顔にキズを作ってバルコニーからはいってきました。


■青春を謳歌するVodka・・・・_a0008105_2110316.jpg


この数日で何となくVodkaが大人っぽく見えてきました。
しかしウチの周りはネコだらけという事が今回の事件で発覚!

ウチの下のネコ
裏のたぬきネコ(カジミール)
隣のパン屋のネコ(マドンナ)
ウチの2階の部屋の天窓から時々見かける横隣の隣人のネコ・・・・


■青春を謳歌するVodka・・・・_a0008105_21112929.jpg

■青春を謳歌するVodka・・・・_a0008105_21131991.jpg
■青春を謳歌するVodka・・・・_a0008105_2113417.jpg




*ひょっとしたら・・・Vodka Jrが近いうちに現われるかも?
*PHOTOアルバムにもアクセスしてください!
タグ:
Du 21 juillet au 20 août - Paris Plage 2004


・・・・7月21日~8月20日、セーヌの河岸が砂浜に変身!
2000トンの砂が運び込まれ、40本のヤシの木も植えられ、ビーチ・バレーのコートも3つ設置され・・・
*去年は300万人が集まったそうです。

これで3回目?毎回、タイミングが合わず・・・去年は車の中から何回か見ましたがアパルトマンの模様替え(ペンキと壁紙の張替え)で2週間ずーとひきこもって工事に専念!

・・・年々企画が大きくなるみたいで、今年はプールまで作るみたいですね。いつかはセーヌ河で皆が泳げるようにセーヌ河をキレイにするが目的のひとつらしいです。


この期間にパリを訪れる方は是非お出かけくださいな!
*Paris Plage 2004 (フランス語)
*Paris Plage 2004 (英語)
*Sous les palmiers,Paris-Plage(FLASH VIDEO)
*Paris-Plage s'installe(PHOTO)
*Plage à plage (PHOTO)
■男性用無料公衆便所(ボルドー)pissotière_a0008105_04937.jpg
ボルドーでここでしか見たことが無い(ボルドー唯一?)男性用無料公衆(悪臭)便所・・・

昔はパリでも時々緑色のこんなのを見かけましたが最近はほとんどコイン式有料便所になってしまったのでは・・・確かエスカルゴって呼ばれていたような記憶がありますが・・

このトイレ、1日中・・・タラタラ水が流れていています。

女性用の無料公衆便所が何故ないのか!とフェミニストたちは怒らないのかしらん。

昔のパリのキャフェのトイレでビックリした事がかなりたくさんあります・・・・

-トイレを使うのにジュトン(プラスティックかメタルで出来たコインの形をしたもの)を買って地下に降り、ドアのノブあたりに付いている投入口にジュトンを入れやっとドアが開くタイプと、お金を入れるタイプが存在していました。
*ジュトン・タイプは値上げをしてもジュトンは変えなくていいので賢い人達だ・・・と思いました。

-トイレ(個室)の中に入っても明かりをつけるスイッチが見当たらず・・・暗闇の中で頑張ろうと決心して、鍵だけは閉めてからと鍵を閉めた瞬間に”明かり”がつきました!鍵を開けたら・・・明かりは消え、明かりの消し忘れを防ぐのには最高!とこのシステムに感激しました。

-トイレ(個室)に入って・・・トルコ式WC à la turque REF.PT(フランスではこう呼ばれていますが・・・)のトイレに初めて遭遇!かなり悩みいろんな人に尋ねましたが・・・どちらを向いて”しゃがむ”?未だに答えは出てません。
*ちゃんとした現場の写真をお見せできなと説明がかなり難しくなりますので・・・今度どこかで見つけたらこの続きをしましょう(笑)。
このタイプはほとんど消えつつありますが・・・・このトルコ式が公衆便所としては一番衛生的だと思われます。snow_ny (NY在住)さん・・・公衆便所では便座に座ってはいけませんよ!(笑)・・・で、フランスの公衆便所には便座が無いところが多いです。

・・・理由として考えられるのは・・・

男性がそのまま便座を上げないで用を足す事が多く、衛生上かなり良くないので・・・がかなり重要な理由でしょう。(本当か?・・・・)

まだまだいろいろですが・・・思い出したらまた書き足します。

*こちらも参考にしてくださいな。
*SUPRATECHトルコ式WCの図解があります。
*トルコ式WC
Fanette とVodkaのお別れ・・・_a0008105_193517.jpg
車のトラブルがあり2日延びたFanetteのボルドー滞在・・・

かなり仲良くなったのに・・・残念。

次に逢える日は何時?

Au revoir!Fanette!!(Fanette!また逢える日まで!)
                                           ・・・・・Vodka
いったいどういう人たちをお金持ちと呼ぶのだろうか?・・・

お金持ちって・・・銀行口座にいくら以上だったらお金持ち?

フランスの”お金持ちのわがまま”みたいな本で・・・汽車(当時は電車ではありませんでした・・・)の出発時間に遅れて、自分を待っていてくれなかった事に怒り鉄道会社を買いとった金持ち。

博打で全部財産を無くし・・最後に自分の会社(有名な自動車製造会社)を抵当にした金持ち。

ボルドー市内にいくつもの建物(中には最低4・5軒のアパートがある・・・)、ボルドー人憧れの避暑地であるアルカションにも家を持つ僕らの元大家。彼はいつも錆び付いた自転車でボルドー市内を移動。アルカッションに行くのには国産のボロボロになったなんでもない車を使い・・・・

フランスでお城を買って従業員をたくさん雇い一人で住んでいる日本人のお金持ちの老紳士・・・・

ジャガーとポルシェを所有、ボルドー郊外にプールつきの大きな家に住む日本人の実業家・・・

日本人実業家曰く・・・・
「ジャガーをキャッシュで買うから値引きしてもらった・・・」
「いくら値引きしてくれたの?」
「・・・ユーロー」
・・・・きゃぁ~値引きしてもらったお金でウチの車が2台買える!!

昨日、以前に森の中でのコンサートで知り合ったカップルの結婚式後のカクテルパーティーの演奏を頼まれて出張演奏に・・・
素晴らしいプール(1年中泳げるフルシーズンタイプ)。素敵なお庭。でっかい家。庭には遠方から来た招待客たちの車が・・・中には”黒”のフェラーリF355も・・・(*ボディーは赤じゃなく・・・シートはもちろん2シーターの真っ赤な革張り・・・)

ボルドーは外からはあまり見えないように・・・プールを作ったり、庭も前面には造らず・・外からはこんなに広大な庭があったのと驚くような庭が裏にあったり・・・・先日も町内親睦アペリティフの会に招待されたうちの庭ももすごかった!

お金持ち・・・・いやぁ~縁がありませんね・・・
le Tour de France 2004 ツール・ド・フランス2004_a0008105_8620.jpg
ツール・ド・フランス2004・・・

7月3日(土)ベルギーのLIEGEを出発、最終日は7月25日(日)シャンゼリゼ。

全行程:20ステージ
全走行距離:3390キロメートル

7月16日第12ステージでツール・ド・フランス史上初の6連覇を目指すランス・アームストロングが2位になり、総合で2位に浮上!

ウチの彼女のオヤジさんが毎日TVで応援しているので・・・全然興味の無い僕も少しは興味を持ち始めてます・・・・


ツール・ド・フランス2004オフィシャル・サイト仏語、英語、ドイツ語、スペイン語で見られます・・・・
Fanette VS Vodka 4日目・・・_a0008105_8339.jpg
もうFanetteは完全にVodka の存在を無視・・・

と思ったら・・・たまに横目で見ては、見ぬ振りをして・・・

今日は逆にVodka の後をゆっくりと追いかけてました。
*もう1週間もすればかなりいい友達になれる気配がありますが、Fanetteのボルドーでのバカンスもあとわずかで終わり・・・ロミジュリですね・・・
日本の食べ物・・・_a0008105_172210.jpg
いやぁ~最近ビックリしますが・・・

パリの昔は日本人だけが通う居酒屋風日本レストランはパリジャン・パリジェンヌで満員。

彼らは何を食べてるのかと観察していたら・・・

ほとんど全員と言っていいくらいのフランス人が"たこ焼き”を食べている。その他、どんぶりモノ、汁物。

ちょいと昔は、フランス人がラーメンを食べるなんて考えられなく、食べている人はだいたい日本人と一緒に食べに来た事があるか彼女(彼)が日本人か・・・の類の人たちだったのに、今じゃ日本や日本の味を全然知らない人たちも美味しそうに食べています。

フランス人の男性2人が隣の席で"たこ焼き”をおかわりしてあまりにも美味しそうに食べているので思わず・・・「日本に行った事ありますか?」「どこでこの食べ物を始めて知りました?」なんていろいろ質問してしまいました。

答えは「一度も無いですがこんな美味しいものがある国は絶対に行きたい!」とのことで"たこ焼き”の存在はネット系で知り、パリではここしか食べられないと聞いて食べに来てから週に1度は必ず食べに来るそうです。

焼肉、鉄板焼きの次が焼き鳥。そしてお鮨に刺身・・・次はなんだろう?

ごくごく普通のスーパーで醤油(シンガポールで作られている日本のメーカー)が並び
"家庭で出来るお寿司手巻きセット”何ていう文句がついて、海苔、巻きす、お米、酢がセットになって売られ・・・この写真のような”ニセあられ”が人気!

*日本の人から見ればこのあられ・・・不味そうでしょうが、日本食品店で買うと日本の5・6倍はするかと思うと、”あられ”の大ファンである僕にとっては・・・250グラムで300円くらい(中国製で、パッケージには日本のレシピによるビスケットと明記されてます)は”あられ”と思わなければかなりいけてて、日本食が苦手とか言っているウチに来るフランス人のお客さんもアペリティフにこれをだすと何も知らずに美味しいと言いながらパクパクと食べ、あっという間になくなってしまいます・・・・

数年前に、トゥルーズに行ったとき、”たぬき"と言う名前の日本レストランを発見、値段も安く、キレイな重箱に入ってかなりの量もあるお弁当タイプの料理に満足。サービスのフランス人女性に料理人の人と話しがしたい・・・と尋ねたら・・・料理人は彼女の旦那さんで日本に一度も行った事の無い、日本料理を一度も習った事のないフランス人でした。彼はこのレストランを買うときに前のオーナーから1週間の特訓を受けたそうです・・・鶏のカツも刺身も、そして太巻きも見事でした。
広告・・・_a0008105_8328.jpg
フランスではメディア(オーディオヴィズエル)を公平な立場でコントロールしているCSAという、1日中放映・放送されている国放・民放のTV・ラジオ番組のなかで使われる言葉・イメージ、特に人種差別、男女差別、行き過ぎた批判、猥褻語などを監視する機関があり勝手に何でも言いたい事をいっていいわけではありません。

TVのトークショーなどの番組中で例えば討論者が発言中に特定のメーカー・お店・レストランの名前を言った場合・・例えば身に付けているTシャツなどもコントロールされます。

インタビューを受けた一般消費者がある特定のメーカーの名前をいかなる理由においても口に出した場合は・・・ビップ音でその部分が消される可能性が大。

司会者も話しの流れである車のメーカーの名前を言わざるおえない時は、公平さを保つために最低3つのメーカーの名前をださなければいけません。(*その司会者のネームバリューを見込んだ隠れコマーシャルはほとんどありえないことになります。)

イメージの場合は・・・ニュースでたまたまインタビューを受けた人間が、例えば”黒いピューマ”のロゴのTシャツを着ていたら・・・そのロゴの部分がモザイクで隠される事がしばしばです。

当然、タバコ・お酒の名前はダメです。
*フランスではタバコ・お酒のコマーシャルは一切禁止されています。(ラジオ、TV、映画、雑誌・・・全て)

1980年代に、パリ~ダカールの砂漠レースに出場の友達の話しですが・・・フランスを通過する時は一切タバコのマークをつけて走れないのでそれを隠すのに大変な苦労をしたそうです。

有名な歌手がCFに出る事は最近ではちょくちょく見られるようになりましが・・ちょっと前まではほとんどなし。フランスのサッカー選手は最近やたらCFに登場しますがあまり評判はよくありません。

日本にアラン・ドロン、ジャン・レノ、ジダンらがコマーシャルで出稼ぎに行っていると、馬鹿にしているメディアも少なくはありません。

本当、日本のTVで見かける世界のスターを見るたび(特に全然違った分野のCFをするスター)・・・・とんでもないお金がかかっているんだろうなぁと思います。

有名女優がセーターを洗う洗剤のCFに出てかなりの金額を稼いだ時も・・・けっこういろんなメディアの連中が・・・彼女が出演した最高の映画作品は"洗剤のCF”!!なんて皮肉っています。

まだまだ、お金さえもらえれば何でもやるよ!っという人間が全面的に出れない環境があるフランスですが・・・何時まで続くのでしょうか?最近結構心配ですが・・・


*写真はここのところボルドーのあちらこちらの街角で見かける”ボルドー市”のコマーシャルです。