人気ブログランキング |
a0008105_20184087.jpg


ああ~
いつまでも慣れないのが、このフランス人の筆記体!特に小文字で"走り書き"されたときには・・・もう、僕には判読不可なものになってしまいます。まぁ日本語でも、僕のオヤジが書いた手紙は半分くらい判読不可能でしたが・・・・

数字も日本から来た時直ぐは・・・"7”に驚かされ、自分が書いた"7"が"1"に解釈され・・・その国その国の字体に慣れるまでは時間がかかります。

因みに上の文章は・・・

Il fait beau aujourd'hui !
今日は天気がいいですね!

Comment t'appelles-tu?
君の名前は何ていうの?

Je suis francais.
私はフランス人です。
パリでの楽しみはキャフェ!

時間がないときや喉が渇いてただ何かを飲みたいだけのときはカウンターで立ち飲みをすれば料金は安いです!^^
コーヒー1杯 1ユーロー(座ったらお店によってもちろん異なりますがだいたい2、20ユーローくらい)
地方都市の都市のキャフェと違ってとにかく世界中の人が集まるパリのサンジェルマンやマレー地区のキャフェの窓側の席に座って"通り過ぎる人"を見ているだけでも退屈しません。
(但し12時~14時までは地元で働く人が昼食で利用するので場所によってはあまり歓迎されません・・・タイミングを見計らってどうぞ!)

ボルドーにもいいキャフェは何件かあるのですが・・・(僕自身の問題なのですが)パリのような感覚では利用できません。なんだか自分は外国人(あたりまえなんですが・・・特にアジア人が少ないので・・・)なんだなって、視線を感じます。今までもちろんボルドーで嫌な思いをした事はないのですが10年パリとの"行ったり来たり"の生活をしていても、なんだか未だ馴染めないところがあります。へんですね~


パリ~トゥールの間が時速300キロで残りのボルドーまでの行程は普通の電車と変わらない速度なのですが・・・・

a0008105_20214066.jpg


a0008105_2022229.jpg


パリのモンパルナス駅のコンポスターが全面的に新しくなりました!

【古いタイプのコンポスター】


*iDTGV(interactif-détente-TGV) 無事出発!

【新しいコンポスター】
a0008105_20262366.jpg
いやぁ~クリスマスが無事に過ごせて今日ボルドーに戻って来ましたが・・・

今年のクリスマス(祝日)は土曜日で金曜日ギリギリまで仕事、月曜日もいきなり仕事のサラリーマンが多くて、田舎へ帰りまたトンボ帰りの人たちの民族大移動で各駅はパニック!!

トランク、プレゼントの包みで・・・電車の中はもう大変!!凄かったです!ノルマンディーの片田舎で家族と静かなクリスマスを過ごし、パリに戻る電車(シャルトルまで空席なしで立ちんぼう!)は超満員。みんな"のみ食い疲れ"でぐったり・・・フランス人も電車で居眠りするんだぁ~なんて改めて発見!可愛そうに、今年は連休にならず、いきなり月曜日は仕事!!(可哀想・・・ご苦労様です・・・)


ボルドーのイルミネーションに・・・たいしたことないなぁ毎年!なんてケチをつけながらパリに戻ったのですが・・・

パリ?もっとひどい!!サンジェルマン・マビヨン界隈(サンシュルピス広場を含めて)、クリスマス(ノエル)のイルミネーションはゼロ!!けっこう寂しかったです・・・

さっきのニュースで・・・

今日は朝から、クリスマスのプレゼントの返品・交換(サイズ違いから、不良品、だぶったプレゼント・・・)でお店は一日中"ぱにくった"ようです。

本来は子供達が25日の朝、"もみの木"の下にサンタがもってきてくれたプレゼントを見つけるのですが・・・最近はどうやら、サンタを信じる子供達が減っているようです・・・・
フランスも宗教的なクリスマスからコマーシャル化されつつある傾向にあり、プレゼントは年々ソフィスティケートされていく感がします。因みにフランスにおける今年の大人同士のプレゼントの傾向は・・・*ランジェリー(下着)だそうです。

*下着コーナーのレジではサイズが違ったり、色が好みじゃなかったり、形が気に入らなかったりで返品に来ている女性客の列が出来てました!^^

a0008105_827159.jpg

ウチのアパルトマンの管理人がサパン(もみの木)の飾り付けをして中庭に・・・
これ来年1月中ごろまで飾られてます・・・・。
Joyeux Noël よいクリスマスを!!