人気ブログランキング |

タグ:VELO TAXI ( 6 ) タグの人気記事

a0008105_207664.jpg


a0008105_2074455.jpg


a0008105_2081369.jpg


a0008105_2084197.jpg


a0008105_2091393.jpg


a0008105_2094352.jpg


a0008105_20101939.jpg


 



URBAN-CAB

日本にもVELO TAXIベロタクシーがあったんですね。知りませんでした・・・

ベロタクシー出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

画像は  
GNU Free Documentation Licenseということだです。


【参考サイト】
ベロタクシー出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

【PARIS】



【BORDEAUX】


【VELO TAXI 関連記事】
VELO TAXI
a0008105_20282254.jpg


a0008105_20284366.jpg


a0008105_2029575.jpg



パリの5区で見かけました・・・
a0008105_20292284.jpg


ボルドー

健在ですが・・・


広告塔の代わりではねぇ~醜い!広告じゃなくて、"季節の果物・野菜を食べましょう!"とか、"犬のウンチを拾いましょう!"とか・・・だめですか?



40分、市内観光をしてくれます^^

料金は5ユーロー

11時30分
12時30分
14時30分
15時30分
16時30分
17時30分
18時30分


■ボルドーのふたつの新しい乗り物・・・



以前にすでにご紹介しましたが、正式の名前はVélomobilヴェローモビル。トラムとともに新しいボルドーの交通手段に?
値段的には最初の1キロが2ユーロー、その後1キロごとに1ユーロー加算されます。二人で利用したら金額は倍。ちょっと高いのでは?
ボルドー観光案内30分コースは7,50ユーロー(一人につき)。

トラムは相変わらず世界初の試みのレールからエネルギー供給するシステムがスムーズに行なわれていなく故障多発で問題になっております。
最近ボルドー市内にお目見え・・・・

ドイツからコンセプトを買って、現在は2台のみ。評判がよければ台数を増やしていくそうですが・・・デザイナーはあの有名なスマートのデザイナー。

市内、2ユーローと書いてありますが・・意味があまりわからないので、機会があったら訊いてみます。

*今日の午後、暇そうにしていのを見かけ・・・ウチの彼女が「乗ってみましょうよ!」とうるさかったのですが、どうも僕はこの手のは苦手。半アシスト、疲れたら電動に切り替えられるそうですが(2人乗っても坂道以外は普通に人力で平気と聞きましたが・・・・)どうもお金払って人間に”こがせる”って・・・奴隷みたいで・・・ダメです。結局彼女をなだめて乗りませんでした。

a0008105_9125421.jpg